読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAG.わんシェフ

犬ごはんレシピNo.1サイト”わんシェフ”からのInfo Media

夏の救世主?!水分補給にぴったりのフルーツ

犬のごはん 犬の栄養と病気

お砂糖たっぷりの甘いお菓子は絶対にもらえないワンちゃん達にとって、甘くてジューシーな果物はきっと特別なデザートになるに違いありません。
もちろん糖分はよくありませんが、すべての果物が、犬にとって有害であるわけではありませんので、かたくなに甘い物はダメ!と決めつけずに、犬にとって毒と言われているものでなければ、ちょっぴりご褒美に与えてあげてもいいのではないでしょうか。夏の熱中症対策にも水分たっぷりの果物は水分補給にもなりますよ。
気になる糖分の他にも、果物についてまとめてみました。

f:id:moonda:20160722201715j:plain

ズバリ!おススメはリンゴ、梨、スイカ!
もちろん、どんなモノでも過剰にあげてはダメですが、この3つはおススメ度が高いです。
バナナが好きなワンちゃんも多いと思いますが、カロリー高いのであげすぎに気をつけましょう。

◆注意したほうがいい果物
桃やアボカドのような大きく固い種を飲み込んでしまうと大変危険です。消化器に詰まってしまう可能性はもちろん、体の中で種の発酵が進むと有毒ガスが発生してしまうケースもあります。種は果物類につきものですが、誤って食べてしまうと厄介なことになりかねないので注意が必要です。

◆避けたほうがいい果物
チョコレートや玉ねぎ、タコやイカなど、犬に与えてはいけないと昔から言われてきた食べ物については、犬を愛する飼い主さんならご存じの方も多いと思います。それらの食べ物と同様、「ぶどう」を食べると、ぶどう中毒を起こしてしまい、最悪の場合には腎不全を引き起こして死に至る可能性があるのです。ぶどうやレーズンを与えるのはやめましょう。

◆糖質の多い果物は量に注意
果物にはたくさんの糖質が含まれています。もちろんこのジューシーな甘味が魅力なのですが、バナナなどの糖質が高い果物は与える量や与える頻度に注意しましょう。太っちゃいます。

◆夏の果物で水分補給を
犬も人間と同じで、夏はどうしても食欲が落ちますし、近年では熱中症が大きな問題になっています。犬は汗をかけないため、気温の上がる夏は特に、水分補給がとても重要になります。夏の果物には水分が豊富に含まれているので、与えすぎに注意しながら、果物を上手に活用しましょう。
スイカは、90%が水分で出来ており、他の果物に比べて糖質も少な目で低カロリーです。スイカに含まれるグルタチオンという成分が肝臓の働きを強くする作用があり、だるくなったり疲れやすくなるのを防いでくれます。
メロン、キウイ、バナナの果糖は、非常に高カロリーなのであまり与えすぎると肥満や糖尿の原因になります。ほんの少量をヨーグルトなどと和えて簡単デザートにアレンジしてから与えると良いでしょう。
今ではすっかり、一年中食べられる果物になったりんごは、体に良いといわれている栄養素がたくさん含まれています。生で切っても、すりおろしても、加熱しておやつとして加工しても食べさせることができます。上手に食生活に取り入れて活用すれば、犬の健康の向上に役立つ果物だといえます。

まとめ
どんな食べ物でもそうですが、与えて数時間後に口や目のまわりを痒がる、食べたら嘔吐するという場合は、その食べ物にアレルギーがある可能性があります。無理して与えず、すぐに動物病院で診てもらいましょう。
今年の夏も猛暑の気配です。人間もワンちゃんも、暑い夏をフルーツのパワーで乗り切りましょう!

◇フルーツを使ったおすすめレシピ
スイカと豆乳の冷製スープ http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=497
メロンとヨーグルトのスムージー http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=519
鶏もものキウイヨーグルト和え http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=488
リンゴハンバーグ http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=315

梅雨って。。。やだね。

犬の栄養と病気

今年は週末や祝日になると何故か雨が多く、せっかくのお出かけ予定が雨模様だとがっかりしてしまいますよね。梅雨入りをしてちょっと経ちましたが、わんちゃんもストレスをため始めたのでは。
高温多湿な梅雨の時期は、寄生虫やカビや菌が繁殖しやすいので、犬にとっては一番病気にかかりやすいと言われています。具体的にどのような病気があるのか、また原因やその予防方法について、まとめてみました。

f:id:moonda:20160624170710j:plain


◆皮膚疾患
犬の皮膚は角質や表面がやわらかい性質になっているので、多湿に弱く、皮膚がふやける感じになってしまいます。高温多湿になると、細菌の繁殖も活発化しやすくなる為、急に激しく痒がったり、毛が大量に抜けたら要注意です。また、蚊の媒介によるフィラリアやノミ、ダニなどの細菌が原因で食欲不振や下痢といった症状が出る事もあります。
予防:梅雨に入る前に、動物病院でフィラリアの予防薬や予防接種、ノミ・ダニの駆除剤でしっかりとケアをしておきましょう。
梅雨から夏にかけては、エアコンなどを利用して、室内の温度を26度前後、湿度を50%前後に設定すると良いでしょう。


<今日のおススメ> わんちゃんにも、子供用の”寝ござ”!

国産こども寝ござ/きりんさん70x140cm

購入はコチラ



国産こども寝ござ/ぞうさん・ブルー70x140cm

購入はコチラ



国産こども寝ござ/パンダ70x140cm

購入はコチラ



◆外耳炎
湿度が高くなると、外耳道に炎症を起こして、痒み、耳垢がたまる、といった症状が見られます。これが外耳炎です。外耳炎は真菌や細菌、寄生虫などさまざまな原因で発症します。特に、垂れ耳タイプの犬種がかかりやすい病気と言われています。
予防:できるだけ清潔に保つことを心がけましょう。自宅でシャンプーをする際は耳の中に水分が入ったり残ったりしないように注意し、耳の中に毛がたくさん生えている犬種は、少なくとも月に1回は耳の中の毛を抜いてあげてください。
また、耳の中が赤くなっていないか?異臭がしないか?ベトベトした耳垢が多くないか?を日頃からチェックしましょう。早期発見をすることで、外耳炎の重症化をさけることが出来ますよ。

◆食中毒
梅雨時期は湿気で雑菌等が繁殖しやすくなるので、食べ残して時間が経過した物(ドッグフードやオヤツなど)を口にして食中毒を起こす可能性があります。
急に元気がなくなったり、下痢や嘔吐といった症状が見られたら食中毒の可能性が高いです。
予防:気温変化が激しい場所に食べ物を放置しないようにしましょう。手作りごはんの場合は冷蔵庫で保存し、ドライフードの場合は小分けにし、密閉容器で保存しておくといいでしょう。食べ残した食べ物は、破棄するのが無難です。また、食器などの衛生管理もしっかりとしましょう。

私達人間と同様で、犬も体調を崩したり、肌トラブルを起こしやすい梅雨時期。日頃から愛犬の様子を観察して、食事などで愛犬の免疫力を高めておくことも重要ですよ。

▼犬の免疫力アップに役立つ食べ物
・動物性タンパク質(サケ、アジ、イワシ、タラ、卵、レバーなど)
青魚はEPA・DHAが豊富で血行を良くし、老化・生活習慣病の予防に効果的です。お肉よりも、魚中心の食事がおすすめです。
・野菜(にんじん・かぼちゃ・ブロッコリー・小松菜・トマト・キャベツ・白菜・だいこんなど)
これらの野菜には、免疫力を高めるビタミン・ミネラルが豊富で抗酸化作用があります。基本的には細かく刻んで加熱して与えますが、酵素を多く含む大根はすりおろしたり、キャベツは細かく刻んだりして生のままで与えるのもよいです。
・きのこ類(まいたけ、しいたけ、しめじなど)
きのこ類に含まれるβグルカンには抗がん作用があり免疫力アップに効果的です。できるだけ細かく刻んで、よく加熱してから与えましょう。
・亜麻仁油、魚油(サーモンオイルなど)
酸化の影響を減らすために、できるだけ愛犬にごはんを与える直前に加えましょう。

比較的お手軽な亜麻仁油↓

ニップン アマニ油 150g

購入はコチラ



▼免疫力を高めるのにオススメのレシピ
簡単!かぼちゃスープ http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=1432
皮膚に良い!鮭と野菜のミルク煮 http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=1670

【今日のわんこ紹介】チョコタン親子”茶々ちゃんと寿々ちゃん”(茶々のかぁちゃんのKitchenから) わんこ紹介

わんこ紹介

カニヘンダックスの”娘”茶々ちゃんと”孫”寿々ちゃんと一緒にくらしているかぁちゃん。
f:id:moonda:20160613134519j:plain

茶々のかぁちゃんは、なんと 愛犬家住宅コーディネーターとして働いているのです!
その名もダックス不動産。
http://dachs-co.jp/

目を輝かせて美味しそうに食べる2姫のために今日もごはんをつくる。
「楽しく作って、楽しく食べる」それが茶々のかあちゃんの食育です。


●茶々のかぁちゃんの手作りごはん!↓

とろろつくねバーグ

作り方はこちら


もっちり皮のあっさりギョーザ♪

作り方はこちら


釜あげしらす丼☆

作り方はこちら


茶々のかぁちゃんのページはこちら↓から!
茶々のかぁちゃんさんのKitchen|犬の手作りごはんレシピならわんシェフ
ワンコは家族やねん♪(愛犬家族のブログ)

【長寿の秘訣】愛犬の歯磨きはこまめに行おう!

犬の栄養と病気

f:id:moonda:20160609172843j:plain

愛犬の口を開けて奥歯の裏までよく見てください。歯が黄ばんでいたり、茶色くなっていませんか?歯ぐきが赤くなっていたり、口が臭かったりしたら、それはもう歯周病のサインです。重度の歯周病に進行すれば、さまざまな健康を害する危険性も高まります。健康は幸せの土台です。大切な愛犬の健康のために、毎日の歯磨きはとても重要なのです。

◆怖い歯周病
歯の表面に歯垢が付着しているうちは、毎日の歯磨きで歯垢を取り除くことができます。しかし、歯石化した場合は、動物病院で全身麻酔をして処置をしないと取り除くことができません。さらに症状が進行している場合には歯茎にメスを入れる外科的な手術や最悪の場合は抜歯することになります。そんなことになる前に、怖い歯周病の予防には、毎日の歯磨きが必要です。

◇歯磨きに慣れさせよう!
犬のマズルはとても敏感なので、たいていのワンちゃんは口のまわりを触られるのを嫌がります。普段から、ブラッシングやスキンシップのついでに、指先や手のひらで触れて慣れさせて下さい。おとなしく触らせてくれたらご褒美を与えたりして、口のまわりを触られるといいことがあると思わせましょう。食いしん坊のワンちゃんのほうが、上達しやすいですよ。

◇口の中を触ってみよう!
口のまわりを触ることに慣れてきたら、次は口の中に指を入れてみましょう。前歯や犬歯など触りやすい場所から始めるほうがいいでしょう。無理やり長く触っていると、嫌がって次から触らせてくれなくなるので、大好物の味のするものを指につけるなどして、短時間で根気よく。
完全に慣れたら、指を奥のほうまで入れて、歯の並びや形状を確かめます。愛犬の歯がどうなっているのかを確認しておくと、歯磨きをする時に、見えない奥のほうも歯列をイメージしながら磨くことができます。

◇歯磨きシートで磨いてみよう!
歯磨きシートやガーゼを使ったデンタルケアは、飼い主さんの指の感触が感じられるので、愛犬もあまり嫌がらず、受け入れてくれる場合が多いです。
まずは、歯磨きシートをしっかり指に巻きつけます。最初は軽く歯にタッチする程度で、あまりゴシゴシこすらないこと。 前歯から始めて、奥歯へと進めていきます。慣れてしっかり磨けるようになると、シートに歯垢がついてきます。
(歯磨きシートはきつく巻いておかないと、ワンちゃんがくわえて持っていきかねません)

歯磨きシートって、こんなのです。
(どれでもいいのですが↓が使いやすいかな)


◇歯ブラシで磨く練習!
歯磨きシートでこすり磨きが出来るようになったら、歯ブラシで磨けるように練習しましょう。飼い主さんの指の感触が残るシートから、いきなり大きな歯ブラシになると、少しハードルが高いかもしれません。
また、犬の歯茎や口の中を傷つけただくないので、ヘッドの小さめのものを選ぶようにしましょう。また、360度ブラシになっているものも口の中に傷をつけにくいのでお勧めです。
歯ブラシを水で濡らし、歯磨きジェルをつけて、すべりをよくしてからトライしてみてください。市販の物で、犬が好きなテイストの歯磨きジェル(ペット専用)はたくさんあります。

360度ブラシタイプは↓を使ってました。

今はうちでは↓の歯ブラシをずっと使ってます。


◆デンタルケアでしっかり予防を
恐い歯周病を予防するために、日頃からしっかりデンタルケアに取り組みたいですね。すでに歯石が付着して歯周環境が悪化している場合は、まず動物病院で歯石を取り除いてからでないと、歯磨きをしても十分な効果が得られにくくなります。一度、動物病院でデンタルチェックを受けることをおすすめします。
すぐに出来なくても焦らないでくださいね。歯磨きは、飼い主さんが心に余裕をもち、ご褒美やほめ言葉をたっぷりかけながら、愛犬との幸せなコミュニケーションタイムにしていってください。

梅雨とわんちゃんの体調管理

犬の栄養と病気

f:id:moonda:20160529232837j:plain
今年は週末や祝日になると何故か雨が多く、せっかくのお出かけ予定が雨模様だとがっかりしてしまいますよね。ちなみに2016年の関東・甲信地方の梅雨入りは、6月4日~11日頃の予想だそうです。
高温多湿な梅雨の時期は、寄生虫やカビや菌が繁殖しやすいので、犬にとっては一番病気にかかりやすいと言われています。具体的にどのような病気があるのか、また原因やその予防方法について、まとめてみました。

◆皮膚疾患
犬の皮膚は角質や表面がやわらかい性質になっているので、多湿に弱く、皮膚がふやける感じになってしまいます。高温多湿になると、細菌の繁殖も活発化しやすくなる為、急に激しく痒がったり、毛が大量に抜けたら要注意です。また、蚊の媒介によるフィラリアやノミ、ダニなどの細菌が原因で食欲不振や下痢といった症状が出る事もあります。
予防:梅雨に入る前に、動物病院でフィラリアの予防薬や予防接種、ノミ・ダニの駆除剤でしっかりとケアをしておきましょう。
梅雨から夏にかけては、エアコンなどを利用して、室内の温度を26度前後、湿度を50%前後に設定すると良いでしょう。

◆外耳炎
湿度が高くなると、外耳道に炎症を起こして、痒み、耳垢がたまる、といった症状が見られます。これが外耳炎です。外耳炎は真菌や細菌、寄生虫などさまざまな原因で発症します。特に、垂れ耳タイプの犬種がかかりやすい病気と言われています。
予防:できるだけ清潔に保つことを心がけましょう。自宅でシャンプーをする際は耳の中に水分が入ったり残ったりしないように注意し、耳の中に毛がたくさん生えている犬種は、少なくとも月に1回は耳の中の毛を抜いてあげてください。
また、耳の中が赤くなっていないか?異臭がしないか?ベトベトした耳垢が多くないか?を日頃からチェックしましょう。早期発見をすることで、外耳炎の重症化をさけることが出来ますよ。

◆食中毒
梅雨時期は湿気で雑菌等が繁殖しやすくなるので、食べ残して時間が経過した物(ドッグフードやオヤツなど)を口にして食中毒を起こす可能性があります。
急に元気がなくなったり、下痢や嘔吐といった症状が見られたら食中毒の可能性が高いです。
予防:気温変化が激しい場所に食べ物を放置しないようにしましょう。手作りごはんの場合は冷蔵庫で保存し、ドライフードの場合は小分けにし、密閉容器で保存しておくといいでしょう。食べ残した食べ物は、破棄するのが無難です。また、食器などの衛生管理もしっかりとしましょう。

私達人間と同様で、犬も体調を崩したり、肌トラブルを起こしやすい梅雨時期。日頃から愛犬の様子を観察して、食事などで愛犬の免疫力を高めておくことも重要ですよ。

▼犬の免疫力アップに役立つ食べ物
・動物性タンパク質(サケ、アジ、イワシ、タラ、卵、レバーなど)
青魚はEPA・DHAが豊富で血行を良くし、老化・生活習慣病の予防に効果的です。お肉よりも、魚中心の食事がおすすめです。
・野菜(にんじん・かぼちゃ・ブロッコリー・小松菜・トマト・キャベツ・白菜・だいこんなど)
これらの野菜には、免疫力を高めるビタミン・ミネラルが豊富で抗酸化作用があります。基本的には細かく刻んで加熱して与えますが、酵素を多く含む大根はすりおろしたり、キャベツは細かく刻んだりして生のままで与えるのもよいです。
・きのこ類(まいたけ、しいたけ、しめじなど)
きのこ類に含まれるβグルカンには抗がん作用があり免疫力アップに効果的です。できるだけ細かく刻んで、よく加熱してから与えましょう。
・亜麻仁油、魚油(サーモンオイルなど)
酸化の影響を減らすために、できるだけ愛犬にごはんを与える直前に加えましょう。


▼免疫力を高めるのにオススメのレシピ
簡単!かぼちゃスープ
皮膚に良い!鮭と野菜のミルク煮

【今日のわんこ紹介】闘うイケメン!”ルークくん”(ルーク母さんのKitchenから) わんこ紹介

わんこ紹介

パピヨンのルーク君はご覧のとおりのイケメン。
f:id:moonda:20160522233333j:plain

ルーク君はある時から原因不明の病気であまり歩けなくなってしまいました。
それでも、日々、一生懸命。
飼主さんも一生懸命ごはんを作ったりケアしてます。
ちょっとずつ元気になって、回復してます。
今日よりも明日、もっと元気になる日に向けて闘ってます!


ルーク母さんの元気の源ごはん!↓

博多風水炊き~飼い主共有レシピ~

作り方はこちら


100%砂糖不使用りんごケーキ

作り方はこちら


ルーク母さんのページはこちら↓から!
ルーク母さんのKitchen|犬の手作りごはんレシピならわんシェフ
パピヨン備忘録・・・~2014年から闘病記(!)に、関節炎からの脱却中です~

愛犬と災害に備える!「犬の避難グッズ」

このたびの熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。みなさまのご無事と復旧をお祈りいたしております。

皆さん災害時の備えは万端ですか?
災害はいつ起きるかわからず、日頃からちゃんと備えをしておくことが大切ですね。
「人間の防災グッズは用意していたけど、愛犬用のは準備してなかったわ!」と思われた愛犬家の方も多いのではないでしょうか。いざという時の為に、しっかりと愛犬を守れるよう、犬用の避難グッズも用意しておきましょう。

f:id:moonda:20160512124524p:plain

非常食・飲料水
どんな状況が待ちうけているかは、誰にも予想できません。緊急避難時の非常食と飲料水は、最低でも1週間分は用意しておきましょう。災害からおよそ1週間でペットフードの配給がおこなわれることが多いようですが、それも確実ではありません。被災生活でストレスが溜まり、慣れない環境下では食べない場合もあるので、出来るだけ愛犬が気に入っている味のフードやオヤツを用意してあげましょう。定期的に賞味期限を確認しておくことをお忘れなく。犬にあげるのは、“手作りごはん派”っという方もいらっしゃいますが、非常時食として、ドッグフードは大変便利です。ずーっと継続するわけではないので、非常用としてドッグフードを常備しておくことは有効な選択肢です。

携帯用のボウル
折りたたみ式の携帯用ボウルは、水やドッグフードを入れて、愛犬に与えるときに使います。持ちやすくてコンパクトなので便利です。

ケージやキャリーバッグ
避難所には犬が嫌いな人やアレルギー体質の方もいますので、ケージやキャリーバッグに愛犬を入れておくよう指示されるかもしれません。イザというときに困らないよう、用意しておいてください。いざという時、愛犬が落ち着いて中に入れるように、普段から家で慣らしておくことが大切です。


災害時には人間の薬ですら手に入りづらいので、万が一のケガに備えて、少なくとも消毒液やガーゼ、包帯などは用意しておきましょう。愛犬がお薬を常用しているなら、避難グッズの中に入れておくのを忘れないようにしてください。

タオルや保温用具
タオルは愛犬が雨に濡れたり汚れたりした時、またケガで出血したときの止血用にも使え、非常に重宝します。保温用具は、避難所の外で待機しなければならないこともあり得ますので、寒い思いをさせないためにも、愛犬用の毛布など、保温グッズはあると便利です。

鑑札や迷子札
不安な環境でパニックになって逃げだしてしまうかもしれないので、愛犬の名前、飼い主の名前、連絡先などを記した鑑札や迷子札などをつけておきましょう。


各自治体で、災害に備えて緊急避難場所を設定しています。しかし、すべてが動物可というわけではないので、事前に確認しておきましょう。また、いざという時に愛犬家同士で支えあえるように、友人や近所の飼い主さんと定期的に関わりを持っておくことをおすすめします。備えあれば憂いなし。万が一のときに大切な愛犬を守るためには、日頃の準備が欠かせません。何かあってからではもう遅いのです。今のうちに改めて対策を練り、もしものときに備えておきましょう。