読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAG.わんシェフ

犬ごはんレシピNo.1サイト”わんシェフ”からのInfo Media

春は『予防』の季節♪

犬の栄養と病気

f:id:moonda:20170316181453p:plain

春真っ盛りです。愛犬とのお散歩がより楽しめる季節がやってきました。
犬にとって春は、年に1度の「予防」シーズンです。大切な愛犬がいつまでも健康でいられるように、この時期、予防を忘れずにしてあげましょう。

皆さん、ご存知の3つについて今日はお話しします。
忘れずに病院にいって予防をしましょう!


◆フィラリア症
蚊に刺されることで感染する病気です。フィラリアという寄生虫が体内に入り込むことで様々な症状をもたらし、放置すると死に至ることもあるとても危険な病気です。
地域にもよりますが、だいたい4月頃からフィラリア症の予防がスタートします。投薬前には血液中にフィラリアが存在しないか血液検査を行います。血液検査を行わないで投薬開始すると、最悪の場合死に至る可能性があるためです。もし、フィラリアに感染しているのに予防薬を与えた場合、心臓に寄生している成虫やミクロフィラリアが急に死んでしまいます。急に死んでしまうと血液の流れをせき止め、心不全を起こしたり、ショック症状に陥る場合があります。血液検査をしないで予防薬を投与するということは、とても危険なのです。

◆ノミ・マダニ
冬には活動を停止していたノミ・ダニが活動を開始し始めるのも春です。
血を吸うことで、犬に様々な症状をもたらす虫で、屋内外問わず生息しています。
痒み、皮膚炎、貧血、寄生虫への感染などの他に、死に至る可能性がある病気にかかってしまうこともあります。犬だけでなく、人にも病気をもたらす、とっても厄介な存在です。予防薬を定期的に使用することで、虫の寄生や繁殖を防ぐことができますが、まずはかかりつけの動物病院で、愛犬の状態をしっかり診てもらってから処方をしてもらうのが一番です。皮膚の状態、処方後の状態なども相談し、最適な予防を施してあげてください。

◆狂犬病予防接種
狂犬病とはウィルス性の人畜共通感染症で、人を含めたすべての温血動物(哺乳類、鳥類)に感染する病気です。感染した動物から噛まれ、傷口からウィルスに感染する場合がもっとも多いです。水を怖がる恐水症状や脳炎症状、神経症状が現れ、昏睡に陥り死に至るという、発症すれば死亡率ほぼ100%の恐ろしい病気です。
日本で狂犬病になる確率は低いといわれていますが、犬を飼う際に狂犬病予防法により、年に1回の狂犬病の予防接種が義務づけられています。法律で決まっていることなので、未接種は罰せられることもあります。これは、狂犬病の恐ろしさから是が非でも蔓延を防ぐための措置でしょう。予防接種は4月頃から始まりますので、それに合わせて予防接種を行う必要があります。動物病院や自治体主催の集合予防接種などに参加して、予防接種を行い、新しい狂犬病予防接種済票をもらいましょう。

まとめ
予防接種を受けることにより、防げる病気がたくさんあります。混合ワクチンは、年に1回受けると良いと言われていますが、ワクチンアレルギーが出る体質の子もいますので、必ず獣医師と相談しながらにしましょう。
そして、ワクチン後は免疫力が低下しがちです。そんな時に重要なのは食事の面から免疫力をアップさせることです。納豆やヨーグルト、キノコ類といった腸内環境を整えてくれる食材を取り入れることによって、免疫力を高め、愛犬の元気な体を作ります。
犬を飼うということは、その子の一生の面倒を見るということでもあります。愛犬にいつまでも健康でいてもらうため、さまざまな病気からしっかり守りましょう。

◆免疫力をUPさせるオススメレシピ↓↓↓
◇鶏肉とえごま油の納豆和え丼
低脂質の鶏肉と、アレルギー改善や免疫力アップの効果のある、えごま油、腸内環境を整える納豆を和えました。体で生成できないオメガ3脂肪酸を効率良く摂取して、毛艶がふわさらに!
鶏肉とえごま油の納豆和え丼

作り方はこちら

◇春いっぱいのクリームペンネ
春旬の食材、桜えびとサヤエンドウを使ってクリームペンネに。桜えび、サヤエンドウとしめじ(βグルカン)で免疫力アップ♪
春いっぱいのクリームペンネ♪

作り方はこちら

Newわん紹介! るぱちゃんママ♡さんのKitchenより

わんこ紹介

最近、わんシェフに登録いただいた「るぱちゃんママ♡さん」の愛犬るぱんくんが可愛いので紹介しちゃいます。
f:id:moonda:20170303184109j:plain

可愛いでしょう。
↓のとおり、ペットショップにいた頃の写真のようです。寂しがり屋っぽい感じがでてる写真ですね。

偏食がちなチワワの男の子です。゚(゚´ω`゚)゚。 かなり甘えん坊で寂しがり屋さんなのでどこにでもついてきます! 写真は、ペットショップにいた頃の写真です。 どうぞよろしくお願いします♡

るぱちゃんママ♡さんのKitchen|犬の手作りごはんレシピならわんシェフ

犬の手作りごはん実態調査2016【犬の手作りごはんサイトNo.1”わんシェフ”より】

犬のごはん 犬の栄養と病気

f:id:moonda:20170227110533j:plain

犬の手作りごはんの専門サイト「わんわんシェフ見習い中」で、飼い犬に手作りのごはんをあげているサイト登録者に対して、インターネットを利用したアンケート調査を実施いたしました。(2016年11月調査実施)
※”いい犬ごはんの日(11月15日)”を記念して実施。


●一人住まい、二人家族世帯で過半数
飼い犬に手作りごはんをあげている方(もしくはあげていた方)の家族構成として、例年どおり2人家族が最も多い結果でした。
f:id:moonda:20170227110735g:plain


●1/3が多頭飼い、1/3が初めての犬
犬に手作りでご飯をあげている方の1/3超が多頭飼いをしている家庭です。
一方、1/3は初めて犬を飼った家庭で手作りごはんをあげています。
f:id:moonda:20170227111040g:plain


●1~3歳が最も多い
※多頭飼いの方には全ての愛犬の年齢をうかがっています。
手作りでごはんをあげている愛犬の年齢として、1~3歳が多い結果となりましたが、
昨年の調査に比べて10歳以上の高齢犬の割合も増えています。
f:id:moonda:20170227111624g:plain

●散歩は、回数少なめ、1回あたり長く
散歩の回数は、僅差であるものの、1日1回の方が最も多い結果でした。
1回あたりの散歩の時間は30~60分が最も多く、じっくり1回の散歩に時間をかける方が多いようです。
f:id:moonda:20170227112515g:plain


●ドッグフードもあげつつ、手作りごはんをあげる方が大半
手作りごはんとドッグフードを併用にされている方が大半です。
1/3の家庭では、完全手作りごはん、あるいは手作りごはんがメインでした。
f:id:moonda:20170227112822g:plain


●時間をかけず作り置き
約半分の家庭で、数食分まとめて15分以内、30分以内に調理しています。
また、1食分ずつ手作りする方も、15分以内にささっと調理する方が大半です。
f:id:moonda:20170227113038g:plain


●手作りで「色々なごはんをあげたい!」「犬が喜ぶ」「愛情が伝わる気がする」
「色々なごはんをあげたい!」「犬が喜ぶ」「愛情が伝わる気がする」が上位で、ほぼ同じ割合で「アレルギーや健康上の理由」があがりました。
これは、手作りならば、NG食材を入れないなどのコントロールができることと、カロリーを抑えることができることによるものが多そうです。
f:id:moonda:20170227113626g:plain
また、自由記入欄に頂いた意見としては、
「加工食品への不安(添加物等)」
「実際に手作りの方が犬が食べてくれるから」
「ペットフードのにおいが嫌い」
「犬の栄養士、獣医、ドッグトレーナー等の専門家からの薦め」
などが目立ちました。
中には「できるだけ加工食品をあげないことは普通のこと」というコメントもあり、犬へ手作りでごはんをあげることも当たり前になりつつある気配を感じました。


●栄養面への関心が上位
例年どおり、分量、栄養面への懸念が上位です。
ただし、例年にくらべると栄養面、分量に関して困っている割合は減少しています。
また、その他のコメントとしても、手作りごはんは日がたつと腐ってしまう点や、愛犬のごはん要求にいかに対応するかなどの声が寄せられていました。
f:id:moonda:20170227115408g:plain


●大半の家庭では、”あまり悩まずに”犬と生活
本年は、「その他、犬との生活での困りごと」についてアンケートを取らせていただきました。
あまり悩まずに犬との生活をエンジョイできている家庭が多いです。
その中で、比較的多い困りごととしては、
「犬がよく吠えること」「(飼い犬が)犬嫌い、人嫌い」が多く、
”悩み”として若干目立つものは「噛み癖」「病気・健康」
でした。
f:id:moonda:20170227115844g:plain


●調査方法
犬の手作りごはんの専門サイト「わんわんシェフ見習い中」上にて、サイト登録者に対しインターネット上でアンケート調査を実施。犬を飼っている(もしくは飼っていたことがある)方のうち、飼い犬に手作りごはんをあげている方を対象。
調査期間:2016年11月15日~12月12日 (N=125)

※本調査に関する問合せについて 「わんわんシェフ見習い中」内の問合せフォームより、ご連絡頂けますようお願い致します。


参考:(昨年調査)犬の手作りごはん実態調査2015

愛犬を“撮って”みよう♪

「愛犬のお洒落な写真を撮ってブログやインスタグラムに載せたい!」
「愛犬の成長の記録を写真に残したい!」
かわいい愛犬の姿を写真に収めておきたいと思うのは、当たり前のことです。
ところが「愛犬の写真を可愛く撮ろう!」と思って、いざカメラを持ってみたはいいものの、動き回ったりしてなんだかうまく写真が撮れない…なんて経験はありませんか?
そんな時に使える愛犬の撮影テクニックのあれこれをまとめてみました!

f:id:moonda:20170224152315j:plain

◆構図を決めよう
ペット写真でよくある失敗が、全身を写そうとして遠くから撮影をしてしまうこと。愛犬の全身を記録に撮るのも大事なことですが、可愛い写真にするために必要なのは「撮りたい部分だけを撮る」ことなのです。
犬は背が低いので、どうしても見下ろすような角度で撮影しがちです。高い位置から撮影すると、足が短く見えたり表情が表せなかったりします。カメラを犬の目線まで下げて撮ると自然な姿になり、表情もより良く見えるようになります。地面に腹ばいになるような角度で撮ってみるのもよいでしょう。どうしても全身を撮影したい場合は、背景を大事にして景色の一部となるように撮るときれいな写真になりますよ。

◆まずはアップから
一番簡単に可愛い写真が撮れるのが顔のアップ。体が切れてしまうことを恐れずに、まずは顔をアップで撮ってみましょう。だんだん慣れてきたら、お尻や足、色々な部分をアップにして撮影してみてください。

◆カメラ目線にさせるには
こっちを向いて欲しいのに、いつも撮る時はプイっとそっぽを向いている…。そんな悩みを解決する方法は意外と簡単なのです。例えば、カメラのシャッターを押す前に愛犬の名前を呼んだり、音のなるおもちゃを使ってこちらを向いてもらえばOKです。マテができるのなら、おやつで気を引くのも良いかもしれませんね。
どうしてもカメラ目線が難しい場合は、あえてカメラ目線でない一枚を撮るのも有りかもしれません。

◆光の角度を変えて撮る
犬が照らされている光の角度により、顔や体の立体感、毛並みの見え方などが変ります。例えば、正面から照らされているとき(順光)は、影が少ないので細部まで良く見えます。斜めや横から照らされているとき(斜光)は、影が出るので立体感があります。後ろから照らされているとき(逆光)は、ヒゲや毛並みが光ります。カメラは影の部分に露出を合わせるので、バックが明るくなり、犬を浮かび上がらす効果があります。光の当てかたをいろいろ変えて撮影してみましょう。

◆それぞれの天気で撮ってみる
曇りの日は空全体から光が射しているので、影が出にくく晴天とは違った柔らかな描写の写真が撮れます。カメラの撮影モードは曇りの日も自然な色に写るオートに設定します。感度設定ができるカメラなら、動きのある愛犬を撮るときは感度を800以上に設定した方が良いでしょう。雨が降り出しそうな曇りの日にも撮影してみると、犬の毛並みも良く表れて優しい感じの写真になりますよ。

◆きれいに撮れたら写真にしよう
カメラで撮影した画像をパソコンに取り込んでそのままになっていませんか。せっかくなので、愛犬のベストショットを写真にしたり、フォトブックにしたりして、みんなに見てもらいましょう。パソコンのモニターで見ているよりもぐっとキレイが引き立ちますよ。

フォトブックサービス「Chéri (シェリ)」
~大事な、愛する”家族”の記録を手触りと共に残したい

写真の光沢感よりも”質感”を重視し、こだわりのマット紙を利用。
”心に残る落ち着いた印刷表現”を実現するために、一般的な安定品質の4色印刷から、 さらに一歩進んだ6色印刷を採用しています。写真の枚数に合わせて3種類の中からお選び下さい。
http://wanchef.com/S/index

まとめ
いかがでしたか?
愛犬の写真をキレイにおしゃれに撮るポイントには、構図や光、カメラの設定などが大切だということが分かりましたね。これらのポイントを踏まえて、今日からでもぜひ実践してみてくださいね。

寒い冬を乗り切ろう!愛犬の「寒さ対策」

 人間よりも“犬は寒さに強い”と思われていますが、最近は室内で人間と同じように過ごしていることも多くなり、寒さに弱い犬も増えています。アンダーコートのないシングルコートの犬(マルチーズやプードル等)や、フレンチブルドッグのような短毛の犬も寒さが苦手ですし、シニア犬や心臓・呼吸器の弱い犬も寒さには注意が必要です。
そこで、今日は冬に気をつけたい「寒さ対策」についてまとめてみました。

f:id:moonda:20170116104021j:plain


◆寒さの感じ方を知る
個体差はありますが、愛犬が寒さに強い犬種なのか、弱い犬種なのかを知っておきましょう。犬種や体格などにより、寒さの感じ方が異なります。例えば、毛が短くシングルコートで南国原産、小型犬となれば寒さにかなり弱いという傾向になります。
寒さに弱い犬の特徴としては、小型犬や高齢犬、犬種の原産国が温かい国、毛の生え方がシングルコート又はダブルコートだがアンダーの毛が少ない…といったことが挙げられます。シングルコートの犬としては、代表的なものにチワワ、マルチーズ、ミニチュアダックス、プードル、ヨークシャテリア、パピヨン、プードル、ボクサー、グレーハウンド、ミニチュアピンシャー、グレートデーンなどが挙げられます。またダブルコートでもアンダーの毛が少ない、フレンチブルドッグは寒さに弱い犬種です。
また、雪国でも耐えられるように品種改良された犬種や、もともと雪国原産の犬種、シベリアンハスキー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、柴犬などは、寒さに耐えられるダブルコートと呼ばれる毛を持っているので、寒さに強い傾向があります。

◆寒がっているサイン
愛犬が震えていたり、体を小さく縮めていたりする場合は寒がっているサインです。例えば、ずっと寝ている、散歩に行きたがらない、水を飲まない、こんな時は寒がっていることが多いです。水を飲む量が減ってしまうと、泌尿器系の病気にかかりやすくなります。 特に尿道が長いオスには気をつけましょう。 寒くても室内での遊びや運動を増やして喉を渇かせるなど、水を飲みたくなるような生活環境にしましょう。
逆に、愛犬が暑がっているサインも見逃さないようにしましょう。 暑い時は、舌を出してハァハァとあえぐように口呼吸を行います。 運動直後でもないのにそのような行動をしているときは、暖房が効きすぎか、衣類を着せすぎかもしれません。

◆寒さ対策
暖房器具を上手に活用
愛犬と一緒に室内で過ごすとき使用する暖房器具は、出来るだけ床付近を暖める方法がいいでしょう。
ホットカーペットを使用する場合は、床よりも小さいサイズを使用し、愛犬がいつでも涼しい場所に移動できるようにしましょう。 床暖房の場合、逆に暑すぎて逃げ場がなくなってしまうこともあります。 そのような場合、ソファーに乗れるようにしたりするなど、自分で暑さから避難できる場所を作ってあげましょう。
エアコンなどの暖房器具を使用している間は加湿器も併用し、乾燥に注意しましょうね!

ドッグウェアの着用も
冬用の保温効果が高いドッグウェアを着せてあげる方法もあります。ドッグウェアは、室内と屋外の寒暖差から愛犬を守るコートのような存在です。健康な成犬の場合は不要ですが、寒いからと散歩を嫌がる子には、着させてみてはいかがでしょうか。実際に着させる場合は、おしゃれだけでなく実用的な視点で選びましょう。
選び方としては、ウールやフリースなど、それ1枚で温かく、冷えやすいお腹までくるみつつ、トイレの邪魔にならないものを選びましょう。 また、重ね着は犬の動きを制限しやすいので、愛犬の立場で考えるとストレスになっていることもあります。出来るだけ、1枚で温かいドッグウェアを選びましょう。
また、ハァハァと口で息をしているようなら暑がっている証拠です。 脱がせてあげるか、少し薄手のウェアに替えてあげて下さい。 また、室内では必ず脱がせてあげましょう。着せたままだと、寒さに対する抵抗力が弱まって、より寒がりになる可能性もあります。

水分補給
夏と違って冬は水をあまり飲まないと思いますが、水分量が充分でないとオシッコの回数が減って尿石症や膀胱炎、腎不全などの泌尿器系の病気にかかりやすくなります。
手作り食の場合は野菜などの水分を利用し、充分な水分補給ができるようにしましょう。
ドライフードを与えている場合は特にしっかり水分が取れるようにしてあげてください。また、普段からよく尿の観察をして何かいつもと違うこと(オシッコの色がおかしい、量が多すぎる、少なすぎる、なかなか出ない、排尿時痛そうにしている、など)があれば必ず病院で診てもらってくださいね。

◆水分補給もできる冬のあったか♪手作りレシピ
◇豚汁

作り方はこちら

◇ぽかぽか魚介のブイヤベース

作り方はこちら


まとめ
寒いからといって、散歩に行かなかったりして運動を充分にしていないと関節を支える筋肉が弱くなり、その状態で急に運動したりすると軟骨や靭帯に負担がかかって関節を痛めてしまいます。普段から少しずつ散歩などで運動をすることは大切ですよ。
この冬もしっかりと寒さ対策をしてあげて健康に過ごしましょうね。

【アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!】 2016年”11月15日”は「いい犬ごはんの日」キャンペーン

犬のごはん

f:id:moonda:20161115155313j:plain

わんシェフでは、11月15日を”いい犬ごはんの日”に制定しています。

今年もアンケートキャンペーン、やります。
”いい犬ごはんの日”を記念して、
2016年11/15(火)から2016年12/12(月)の間に、アンケートに答えてくださった方の中から抽選でプレゼント!
※アンケートの所要時間は5-10分程度です。

アンケートに答える>>

※アンケートは終了致しました。たくさんの応募ありがとうございました!

※まだ、わんシェフメンバーに登録(無料)していない方はコチラからどうぞ



★今回のプレゼント★
A賞からF賞まで、合計10名にプレゼント。ぜひぜひ、アンケートにご参加ください!


f:id:moonda:20161115182508j:plain

f:id:moonda:20161115183448j:plain

f:id:moonda:20161115182523j:plain

f:id:moonda:20161115182527j:plain

f:id:moonda:20161115182533j:plain

f:id:moonda:20161115182539j:plain



アンケート期間:2016年11/15(火)~2016年12/12(月)
プレゼントの抽選は12月中~下旬に実施し、結果の発表は当選者への発送をもって代えさせて頂きます。
※犬を飼っている(もしくは飼っていたことがある)わんシェフメンバーの方で、犬に手作りごはんをあげている方が対象のアンケートです。
※アンケート結果は”統計情報として”、個人やニックネームが特定できないかたちで公開等をさせて頂く場合がございます。但し個人情報を公開することはございません。

アンケートに答える>>

※アンケートは終了致しました。たくさんの応募ありがとうございました!

※まだ、わんシェフメンバーに登録(無料)していない方はコチラからどうぞ


わんわんシェフ見習い中「11月15日は”いい犬ごはんの日”犬の手作りごはん実態調査キャンペーン」へのご参加、お待ちしています。

「おやつ」を上手に活用しよう♪

犬のごはん

f:id:moonda:20161109162655j:plain

ふだん何気な~く与えている「おやつ」
でも、どんな時に?どんなものを?どのくらい?どんな風にあげたらいい?と思っている飼い主さんは多いと思います。犬のおやつは与えすぎると、肥満や病気、そして、フードを食べなくなる原因にもなるので、与える量には気を使いたいところです。今日は大切な愛犬にとってのおやつの意味や適切な種類と量、そして与えるタイミングについてお話ししたいと思います。

◆おやつって大事なの?
おやつを与えることは、犬と飼い主さんのコミュニケーションにおいて有効な手段といえます。でも、そのおやつを与えすぎることで食生活が乱れたり、栄養が偏ったり、肥満になってしまったり…。結局は飼い主さんが病気の原因を作ることにもなる可能性を秘めています。栄養の整ったフードだけを与え、おやつはあげないに越したことはありません。
しかし、しつけのご褒美や飼い主さんとのコミュニケーションの手段としておやつが必要な場合もあるのも事実です。目的に応じて適切な量をあげるのが望ましいでしょう。
犬も健康体であれば食べることが大好きな動物です。与えられるものは何でも食べたいというのが本心なので、可愛い愛犬の健康を考えるのであれば「この子が欲しがるので、つい…」という理由だけでのおやつを与える行動は控える努力が必要です。

◆偏食に注意!
「ドッグフード食べないから…」「何も食べなくて可哀想だから…」そんな理由でおやつを与えていませんか?何も食べないのは心配ですが、元気で体調が普段と変わらないようであれば、そのような心配は持たなくても大丈夫です。健康体の犬であれば1週間食べなくても平気だと言われています。愛犬が食べないと飼い主さんは心配になって美味しいものを次々と与えます。すると頭のいい犬は「食べなければ美味しいものがでてくる」と学習し、ますます偏食になってしまいます。人間同様、同じ食べ物なら美味しいものが食べたいはずです。このような愛犬の作戦に、飼い主さんがはまって負けてしまわないようにすることが大切です。

◆どんなものがいいの?
基本的に「おやつ」は食事ではないので、いろいろな種類をあげる必要はありません。それよりも、愛犬にとって必要なおやつを知っておくことが大切です。
例えば便秘がちな犬にはプレーンヨーグルトや繊維質の多い物を、また、一度にたくさん食べられない犬の場合は、小分けにしてあげるのがいいでしょう。小食の犬にたくさんのおやつをあげてしまえば、それこそおやつだけでお腹が一杯になってしまいます。
また、生野菜はカロリーも低いのでヘルシーだと思われがちですが、犬の腸は短いため、栄養を吸収する前に便と一緒に排泄してしまったり腸内で発酵してガスがたまったりすることがあります。健康面を考えると生野菜よりも茹でたほうがいいのですが、茹でると見た目の量が減ってしまうので、与え過ぎないように注意することが必要です。

◆どんな時に?どのくらい?
おやつによって食生活が乱れるようではいけません。ご飯の時間にちゃんとお腹が空くようなタイミングであげましょう。犬は基本的には量よりも、もらったことに喜びを感じる動物です。1回で大量のおやつを与えるよりは、数回に分けて少しずつ与えると良いでしょう。また、空腹時間が長いと明け方に胃液を吐いてしまう体質の犬もいます。そのような場合は、寝る前に少し消化のよいものをあげるのもいいでしょう。
犬はほとんど噛まずに飲み込む食性があるので、大量でも少量でも食べきるまでの時間はさほど変わりません。ということは「少量」のおやつのほうがいいに越したことはありません。まず愛犬の一日に必要なカロリー量を知りましょう。おやつの摂取量は一日に必要なカロリー量の約10%程度までなら、主食であるフードの栄養バランスに影響がないと言われています。

◆自然派素材おやつの手作りレシピ
◇サツマイモと栗のケーキ
砂糖を加えず素朴な甘さのオリジナルおやつ♪


作り方はこちら

◇ヘルシーおからきな粉クッキー
ほどよい噛み心地でクッキーはわんこの大好物♪


作り方はこちら


まとめ
犬におやつを与える時のポイントは、
・与えすぎない
・自然派食材を低カロリーでおすすめ
・小さくちぎって回数を分ける
毎日愛犬と一緒に生活する中で、しっかりと健康管理をしてあげられるのは飼い主さんだけです。“必要な栄養とエネルギーを、高品質でバランスのとれた食事で与えること”それこそが健康を維持する上でなによりも大切なことですね。