読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAG.わんシェフ

犬ごはんレシピNo.1サイト”わんシェフ”からのInfo Media

♪春♪ 急に暖かくなったからきをつけたい病気

ちょっと気が早いですが、急にあたたかくなって熱中症にご用心

f:id:moonda:20160317163818j:plain

寒かった冬もようやく終わり。だんだんと暖かくなってきて、過ごしやすくなってきたこの時期は、愛犬とお出かけを楽しみたい方が多いのではないでしょうか。
ところが、汗腺が発達していない犬にとっては、最もつらい季節は、蒸し暑い春から夏なのです。ちょっとした愛犬の変化にも、気づいてあげられるように「熱中症」について、しっかり予習と対策をしておきましょう。

●熱中症について
春は気温の変化が激しく、朝出かけるときは冷え込んでいても、日中はとても暖かく、シャツ一枚でも過ごせるほどいいお天気の日もあります。夏ほど猛烈な暑さにはならないものの、閉め切った場所の温度は気温が上昇していきますので、犬にとっては命取りになりかねません。熱中症は、蒸し暑い室内だけでなく、車内での留守番。暑さが厳しい中での散歩やお出かけなどが原因で発生します。短時間のお留守番や車内での待機を「少しくらい大丈夫」と思って油断をすることはとても危険なのです。

●熱中症の症状
口を大きく開けて、ハァハァと息苦しそうに呼吸をしたり、よだれを大量に出す。悪心や嘔吐、下痢。一時的にふらついて倒れてしまうなどといった症状が出ます。
症状がかなり進行すると、吐血や下血(血便)、血尿といった出血や、酸素をうまく取り込めず、チアノーゼ(血液中の酸素が欠乏して、舌などが紫色になること)が見られ、最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わることもあるのです。

●熱中症の処置
熱中症かな?と思ったら、すぐに動物病院で診てもらいましょう。動物病院では、体温測定をしながら、まず体を冷やします。そして、臓器への影響や脱水の状態を知るためにも血液検査を行います。病状のレベルによっては点滴を流しながらの入院が必要になることもあるので、まずは動物病院へ直行することが重要です。
どうしても病院へ行けない!という時は、出来るだけ涼しい場所に移動し、冷水で濡らしたタオルを体(首や脇の下、内股など)にあてたり、体全体に冷水をかけるなどして、急いで体温を下げることが重要です。水が飲める状態であれば、たくさん水を飲ませて水分補給も行いましょう。

●熱中症の予防と対策
お家の中で留守番させる場合は、室内の風通しに気を付けたり、エアコンをドライ(除湿)モードでつけるなどして、室温が上昇しないように心がけましょう。エアコン故障などの万が一に備えて、クールマットや氷水を入れたペットボトルなどを部屋に置いておくと、より安心です。
愛犬と車で出かける場合は、なるべく車内にひとりで留守番させないようにしてあげてください。愛犬を同伴できない場合は、近くの日陰や風通しの良い場所を選んで繋いでおくか、必ず誰かがそばについてあげるようにしましょう。お家も車も、留守番時は水分補給を忘れないように。