読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAG.わんシェフ

犬ごはんレシピNo.1サイト”わんシェフ”からのInfo Media

犬も花粉症に?!~対策と取り入れたい栄養素

f:id:moonda:20160403101949j:plain

今や日本人の約30%が花粉症だと言われていますが、最近では犬も花粉症が急増しています。
人間の花粉症は、スギやヒノキなどが主な原因ですが、犬の場合、人間とは違って、ブタクサなどのイネ科の植物が原因となっていることが多いそうです。また、人間のようにクシャミや鼻づまり、鼻水といったものではなく、犬の場合は目が赤くなったり、鼻の頭は乾いているのに鼻水が出たり、皮膚のかゆみ等の症状がでます。かゆみから、全身が皮膚炎になってしまうことや、掻き続けて膿んでしまい炎症をおこしてしまうこともあるので、この時期は人間だけでなく、犬にとっても辛い季節です。(ブタクサなどのイネ科の花粉は、5月~8月が飛散時期のピークといわれています)

花粉症対策
★飛散が多い時間帯の散歩を避ける
一般的には、日中12時頃~夕方の6時頃までが飛散が多い時間帯といわれています。草むらにも近づかせないようにしましょう。
★服を着せて出かける
帰ってきたら服を脱がせ、花粉を家の中に持ち込まないようにしましょう。
★散歩後はブラッシングやタオルで拭き取る
花粉がつきやすい前足・後足・お腹・顔は念入りにタオルで拭き取り、付着した花粉をブラッシングで落としましょう。
★花粉飛散の多い時間帯は窓や戸を閉める
花粉の侵入をしっかり防ぎましょう。

取り入れたい栄養素
粘膜や皮膚を健やかに保つために必要な栄養素の代表は「ビタミンA」と「ビタミンC」です。更に、ビタミンCは白血球と結び付いてウイルスを破壊するのに一役買ってくれます。
ビタミンA… 鶏レバー、豚レバー、銀鱈、にんじん、ほうれん草等
ビタミンC… ピーマン、芽キャベツ、モロヘイヤ、いちご、ブロッコリー等

↓↓↓モロヘイヤを使った犬ごはんの例↓↓↓
モロヘイヤと鮭の雑炊

作り方はこちら

最近では愛犬に手作り食をあげているという人が増えてきている一方、あげてみたいけれど難しそうで…と、なかなか始められないという声も多く聞こえます。まずは、花粉の時期に手軽にできることとして、いつもの犬ごはんに上記の食材をトッピングしてみてはいかがでしょうか?

症状が酷くなるような場合は、動物病院でしっかり診てもらってあげて下さいね。