読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAG.わんシェフ

犬ごはんレシピNo.1サイト”わんシェフ”からのInfo Media

愛犬と災害に備える!「犬の避難グッズ」

このたびの熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。みなさまのご無事と復旧をお祈りいたしております。

皆さん災害時の備えは万端ですか?
災害はいつ起きるかわからず、日頃からちゃんと備えをしておくことが大切ですね。
「人間の防災グッズは用意していたけど、愛犬用のは準備してなかったわ!」と思われた愛犬家の方も多いのではないでしょうか。いざという時の為に、しっかりと愛犬を守れるよう、犬用の避難グッズも用意しておきましょう。

f:id:moonda:20160512124524p:plain

非常食・飲料水
どんな状況が待ちうけているかは、誰にも予想できません。緊急避難時の非常食と飲料水は、最低でも1週間分は用意しておきましょう。災害からおよそ1週間でペットフードの配給がおこなわれることが多いようですが、それも確実ではありません。被災生活でストレスが溜まり、慣れない環境下では食べない場合もあるので、出来るだけ愛犬が気に入っている味のフードやオヤツを用意してあげましょう。定期的に賞味期限を確認しておくことをお忘れなく。犬にあげるのは、“手作りごはん派”っという方もいらっしゃいますが、非常時食として、ドッグフードは大変便利です。ずーっと継続するわけではないので、非常用としてドッグフードを常備しておくことは有効な選択肢です。

携帯用のボウル
折りたたみ式の携帯用ボウルは、水やドッグフードを入れて、愛犬に与えるときに使います。持ちやすくてコンパクトなので便利です。

ケージやキャリーバッグ
避難所には犬が嫌いな人やアレルギー体質の方もいますので、ケージやキャリーバッグに愛犬を入れておくよう指示されるかもしれません。イザというときに困らないよう、用意しておいてください。いざという時、愛犬が落ち着いて中に入れるように、普段から家で慣らしておくことが大切です。


災害時には人間の薬ですら手に入りづらいので、万が一のケガに備えて、少なくとも消毒液やガーゼ、包帯などは用意しておきましょう。愛犬がお薬を常用しているなら、避難グッズの中に入れておくのを忘れないようにしてください。

タオルや保温用具
タオルは愛犬が雨に濡れたり汚れたりした時、またケガで出血したときの止血用にも使え、非常に重宝します。保温用具は、避難所の外で待機しなければならないこともあり得ますので、寒い思いをさせないためにも、愛犬用の毛布など、保温グッズはあると便利です。

鑑札や迷子札
不安な環境でパニックになって逃げだしてしまうかもしれないので、愛犬の名前、飼い主の名前、連絡先などを記した鑑札や迷子札などをつけておきましょう。


各自治体で、災害に備えて緊急避難場所を設定しています。しかし、すべてが動物可というわけではないので、事前に確認しておきましょう。また、いざという時に愛犬家同士で支えあえるように、友人や近所の飼い主さんと定期的に関わりを持っておくことをおすすめします。備えあれば憂いなし。万が一のときに大切な愛犬を守るためには、日頃の準備が欠かせません。何かあってからではもう遅いのです。今のうちに改めて対策を練り、もしものときに備えておきましょう。