MAG.わんシェフ

犬ごはんレシピNo.1サイト”わんシェフ”からのInfo Media

そろそろ秋の「換毛期」?!

最近、愛犬の毛がごっそり抜けることはありませんか?
ちょっと気を抜くと、掃除機をかけたはずなのに部屋の隅に綿ボコリ状態…。
これは「換毛期」と言って人間でいえば衣替えの様なもの。だいたい春と秋に抜け毛が始まり、毛の抜け替りを「換毛」と言い、その時期を「換毛期」と呼びます。
換毛は、外気温や日照時間、あるいは湿度などといった気候の条件によって、ワンちゃんの自律神経が刺激されて起こるものなのです。今日はこの「換毛期」についてお話しします。

f:id:moonda:20160920114925j:plain

◆犬の被毛について
犬の体は二種類の毛で覆われており、ダブルコートとシングルコートの2つのタイプがあります。シングルコートのワンちゃんは、上毛しかないので、抜け替ることはありませんが、ダブルコートのワンちゃんは上毛以外にフワフワした下毛があります。この下毛が抜け替ります。
ダブルコートの犬種は、柴犬、ウェルッシュコーギー、ミニュチュアダックスフンド、シェットランドシープドッグ、シベリアンハスキー等です。
換毛期にはこの2種類の毛が抜けるため相当な抜け毛となります。また、毛が密集しているため寒さには強く、暑さには弱い傾向にあります。毛の量の差はあれど、多くの犬種はこのダブルコートです。
シングルコートの犬種は、ヨークシャテリア、マルチーズ、ミニチュアピンシャー、チワワ、パグ等です。
シングルコートのワンちゃん達には換毛期がないため、毛が伸び続けるので、長さを保つためにはカットなどの定期的なお手入れが必要です。また、綿毛のアンダーコートがないため寒さには弱い傾向にあります。

◆換毛期のしくみ
春から夏へと暑い時期に移行するときは、驚くほど下毛が抜けます。気候条件の中でも、日照時間の影響が大きいようです。
例えば、春になり日照時間が長くなり、だんだん暖かくなってくると、新しい毛が成長しだして、冬場に生えていた休止期の古い毛を押し出すようになります。
その頃生えてくる毛は、「夏毛」と呼ばれるものです。
そして、夏から秋へと移り変わる頃は、日照時間も短くなり、朝晩の気温もぐんと下がってきます。その頃は、夏毛が抜け落ちて冬の寒さから身を守るためのフワフワした温かな「冬毛」がたっぷり生えてくるのです。冬毛が生えそろうと、新たな毛はしばらく生えてきません。冬場はあまり抜け毛もなく、寒さからしっかり体を守ってくれるのです。
換毛期は古い毛が大量に抜け変わるため、古い毛が皮膚から落ちず綿のような状態でいつまでもくっついてしまうことがあります。この毛の抜け変わりをストレスなくスムーズにするために、換毛期には特にこまめにブラッシングをしてあげましょうね。

◆毛づやを良くするために
換毛期を快適に過ごすために、ブラッシングだけではなく、「手作りごはん」で出来るだけ良質な動物性タンパク質を与えるようにしてみてはいかがでしょうか。
犬の皮膚や被毛は、食物に含まれる主にタンパク質と脂質からつくられます。多くのドッグフードの原材料表示にあるタンパク質源は、家禽肉や鶏肉副産物などの、何の肉を使っているのか、どこの部位なのかがわからない肉類や、トウモロコシやコーングルテンミール、大豆や大豆ミールなどの植物性タンパク質になっています。
植物性タンパク質は、質が低いタンパク質といわれ、体の筋肉や皮膚や被毛などをつくる役割をすることができないといわれています。タンパク質の数値はそこそこあるのに、犬の筋肉が痩せている、皮膚病になりやすいなどは、このような質の低いタンパク質を与えていることが原因ではないでしょうか。
病気になりにくい健康な体を維持するためにも、飼い主さん自身がしっかり選んだ食材で与えられる、手作りごはんをオススメしたいと思います。

◆毛艶や皮膚に良いおすすめレシピ
◇鶏肉とえごま油の納豆和え丼
低脂質の鶏肉と、アレルギー改善や免疫力アップの効果のある、えごま油で毛艶がふわさらに!
http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=1672

◇艶々コラーゲン雑炊
真鯛のアラでコラーゲンたっぷり、毛もツヤツヤ♪
http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=1690

◇皮膚に良い!鮭と野菜のミルク煮
免疫力アップの鮭と消化吸収をよくするヤギミルクでアレルギーにも効果あり!
http://wanchef.com/D/D5000?recipe_id=1670

まとめ
「換毛期」を愛犬と快適に乗り切るために、コミニュケーションを取りながらのブラッシングと美味しいごはんで過ごしてあげて下さいね!