読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAG.わんシェフ

犬ごはんレシピNo.1サイト”わんシェフ”からのInfo Media

手元に長く残すフォトブックは落ち着いた質感のものがいい!

写真はほんと簡単に撮影して保存できるようになりました。
すごく便利。

一方で、写真の重要度は確実にアップしたけど、ありがたみは少し薄くなった気もします。

昔、まだデジカメが登場する前、
フィルムを写真屋さんで現像していたころ。
写真屋さんでバイトをしている子が、現像&焼き増しをしてくれました。(優遇か何かがあった)
いつもサークル活動の写真はその子が大量に現像してくれた。
助かるけど、、写真がだんだんぞんざいに扱われるようになっていった。。。

そんな感じでしょうか。

たくさん撮った写真と思い出は、スマホとパソコンの中にあります。
大量にあって、時々見返すけど、大量にあるから写真1枚あたりに見返す時間は、、、かなり減りましたね。

そんな中、”これは”って思う写真は引き伸ばしてプリントしてフォトフレームに入れてみたりしています。
こうするとその写真と思い出は、ちょっと特別になる。

もう一つが”フォトブック”にすること。
これも特別になりますね。

だけど、作りっぱなしであまり開かないフォトブックだったら、
大量にスマホやパソコンに眠っている画像データと一緒。

なんとなく手に取っては、しょっちゅう開いちゃう。
それがフォトブックの役割なんじゃないかな、と思ったりします。

落ち着いた感じで、手触りが良くって、ノスタルジックな気持ちになれるフォトブックが欲しいです。
なので、わんシェフでフォトブックサービス「Chéri (シェリ)」をはじめました。

数ある写真データの中から、特別な写真と思い出を取りだしたい。


わんわんシェフ見習い中のフォトブックサービス「Chéri (シェリ)」
f:id:moonda:20161017151456j:plain


コタロー